豪華さのある胡蝶蘭

胡蝶蘭の相場は、親しい間柄なら3000円から用意でき、かしこまった相手には3万円程度の贈答品として利用できます。大輪やミディという中型の胡蝶蘭まであるので、用途に合わせて贈答できるのが特徴です。3本立てや5本立てのようにボリューム感も選択できることから、御祝いの気持ちを表すにも選択肢が多いと考えて構いません。

ただし、胡蝶蘭は豪華さを求めて相場以上の金額の花を贈ると、相手方には失礼になる場合もあります。それぞれの関係性に合わせた胡蝶蘭の価格帯を見極めて贈答しましょう。友人の引っ越し祝いに、大輪で5本立ての胡蝶蘭を贈ると大げさのようにも思われますし、大切な取引先にミディ(中型)の3本立てでは見た目に引けを取ってしまうなどのデメリットもあります。

今後のお付き合いに関わる場合があるので、胡蝶蘭を贈るのは良い選択だとしても、種類や価格帯には十分な配慮が求められます。食べ物や品物としてお祝いの品を用意するのは、相手の好みやマナーに合わせるなど難しい面が目立ちます。その点、胡蝶蘭は相手との関係に合わせた相場と、シーン院そぐわない色を選ばないことを考慮するだけなので、選びやすい贈答品だと言われています。

長持ちする花なので、御祝いの気分を長く楽しめるメリットが胡蝶蘭にはあります。

祝いの贈答品に胡蝶蘭

日本では御祝い事などがあると贈答品を用意します。その御祝い事の種類によって贈答する品物が異なりますが、花はスタンダードな贈答品に上げられるでしょう。中でも喜ばれるのが胡蝶蘭で、ビジネスやプライベートでも品格を備えていることから評価されています。

胡蝶蘭は花の形を見る通り、蝶が舞っているようで御祝いの気分を盛り上げてくれます。また、強い香りがなく水やりも適度で構わないことから、飾っておくにも最適でしょう。現在は品種改良によって様々な色や形の胡蝶蘭が販売されるようになりました。以前は白や紫が中心でしたが、他にもピンクや黄色などおカラーが用意されています。

さらに、品種改良によって値段が手ごろになったのも、頻繁に用いられる理由でしょう。品種自体も50種類あるので、他の方と贈答品が重なることはないでしょう。新築祝いや取引先の新社屋落成記念など、建物に関わる祝い事では「赤」を用いるのはマナー違反となるので、胡蝶蘭を贈る際にも色には注意しましょう。赤は家事を連想させることから、縁起が悪いと言われています。

細かなタブーに注意していれば、各種の御祝い事に贈答品として胡蝶蘭を用いるのは、マナーに最適だと思って良いでしょう。

贈答に最適な胡蝶蘭

胡蝶蘭は華やかである、豪華なイメージがあることから贈答品に用いられることが多くなりました。その花言葉も「幸せが訪れる」となっていることから、御祝いのシーンには最適な花と位置付けられています。ただし、胡蝶蘭を利用する場合にも注意点があるので確認しておきましょう。

このサイトでは、胡蝶蘭を贈答に用いる際のメリットや注意点を紹介しています。胡蝶蘭を贈ることを検討している方にも、役立つ情報となれば幸いです。以前は高価なためビジネスシーンのみの贈答品と考えられていましたが、品種改良によって手ごろな値段でも販売されるようになりました。プライベートでも贈答品にも使える利便性で注目されています。

ただし、どのような相手に送るのかで、相場を確認しなければいけなくなった点には配慮が必要でしょう。御祝いに適した贈答品ですが、各シーンに求められるマナーも欠かせない知識となります。タブーに触れないようにこのサイトの情報を活かして下さい。

ビジネスでもプライベートでも、マナーを熟知していることが求められハードルが高いと考えがちですが、簡単なポイントを理解しておけば良いだけです。ここでは胡蝶蘭に関するタブーを避ける方法も紹介しています。出来る大人と判断されるような胡蝶蘭の贈り方を知ると、今後のお付き合いにも生かすことができるでしょう。

高級品として有名な胡蝶蘭をプライベートシーンでも使いこなせるようになれば、相手方も大きな満足を感じると言われています。胡蝶蘭によって人間関係の価値を高めることも可能でしょう。